2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省が21日に開いた「医師の働き方改革に関する検討会」で、医師の長時間労働の実態を示した資料について、さらに詳細を示すことができないかという意見が複数の構成員から出た。厚労省は意見を踏まえ、研 ...続き

 日本専門医機構は18日の理事会で、新専門医制度における「カリキュラム制」研修について、現在のプログラム制の補完的な仕組みとして運用する方針を確認した。カリキュラム制は単位を取得する「単位制」とし、出 ...続き

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は16日、根本匠厚生労働相から今年10月予定の消費税率10%への引き上げに伴い、昨年末の予算編成で決定された改定率に基づき診療報酬点数の改定案を作成する ...続き

 政府の経済財政諮問会議(議長=安倍晋三首相)は18日、2019年前半の検討課題について協議した。民間議員は19年の「骨太の方針」の取りまとめに向けて、「いつまでに何を実現するか」を明確にし、コミット ...続き