2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 東京都医師会の尾﨑治夫会長は30日の会見で、新型コロナウイルスのクラスターが発生しているような飲食店に対し、法的拘束力を持った補償を伴う休業要請を行うため、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正す ...続き

 政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)は7日、国内の感染状況を分析して対策につなげるための指標を取りまとめた。医療提供体制等の負荷、監視体制、感染状 ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、専門医の広告表示に関する検討を再開する方針を示した。来年3月に専攻医1期生が3年間の研修を修了し、認定試験を経て機構認定の専門医が誕生することを見 ...続き

 厚生労働省は31日、“1県1医大”に相当する都道府県の2大学(計6診療科)を対象にした「医師の働き方改革の地域医療への影響に関する調査」も公表した。各診療科で時間外労働の上限規制が適用された場合、診 ...続き