2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 日本医師会の中川俊男会長は12日の会見で、全国的に拡大している新型コロナウイルスの変異株について「病態や経過が明らかではなく、新たなウイルスとの闘いだと認識したほうがよいという意見もある」と警戒感を ...続き

 政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は14日、北海道・岡山県・広島県に対する緊急事態宣言の発令を決定した。期間は今月16日から31日まで。政府は当初、北海道への宣言発令を見送り、岡山・広島の両県に ...続き

 大阪府内の病床過剰地域で、既存病院を統合させて新規病院の開設を目指す医療法人の計画について、地域医療構想調整会議での反対意見が強いにもかかわらず、医療法上の勧告対象にならないことに病院団体から問題意 ...続き

 全国医学部長病院長会議(AJMC)は、2024年4月の医師の時間外労働の上限規制の適用を見据え、医師の働き方改革に関する大学病院特有の課題を整理、検討するための検討委員会を立ち上げる方針を決めた。大 ...続き