2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 河野太郎行政改革担当相は27日の会見で、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)から、医療従事者等に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を今月23日までに全都道府県で完了したとの報告を受けたと明 ...続き

 福岡県久留米市の聖マリア病院(許可病床数1097床)は8月から、病棟での医師の負担軽減や入院医療の質向上を図るため、専任の病棟薬剤師を26人体制にする計画だ。具体化に向けて昨年12月に、それまでの全 ...続き

 東京都は今月14日から8月25日まで、都内13区域での2021年度の地域医療構想調整会議をWeb形式で順次開催する。新型コロナウイルス感染症の対応で、地域ごとに病院の役割を明確にする必要性が再確認さ ...続き

 3月末、近所のドラッグストアで調剤医療費の一部負担金の支払いをQRコード決済サービス「PayPay」で済ませた東京都内の女性は、スマートフォンの画面を見てうれしくなった。約1600円の支払いに対し、 ...続き