2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は18日、医師から看護師、救急救命士、臨床工学技士、薬剤師の4職種へのタスクシフティングに関する提案書を、7月中にも取りまとめる方針を確認した。終了後 ...続き

 日本医師会の横倉義武会長は4日の記者会見で、2020年度専攻医募集におけるシーリングについて、厚生労働省や日本専門医機構に対して、より柔軟で弾力的な対応を求めていくと表明した。専門研修で地域偏在・診 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 日本医師会は、地域医療構想の実現に向け、各構想区域の調整会議の活性化のための公立・公的医療機関の類型化案をまとめた。公立・公的医療機関等が持つ機能の他の医療機関への代替可能性や、統合再編などの協議を ...続き