2014衆院選

 第2次安倍政権への審判が下される師走の総選挙。2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを先送りすることで、社会保障制度改革の前提となっていた財源の確保は難しくなり、社会保障・税一体改革は大きく軌道修正を迫られることになる。

 一方、早くも医療界からは、次期診療報酬・介護報酬改定や地域医療介護総合確保基金(新基金)などに及ぶ影響を懸念する声が上がっている。

 持続可能な社会保障制度をどのように構築していくかは、選挙戦の大きな争点の一つ。与野党が掲げる医療・介護政策、さらには社会保障分野と関係が深い立候補者の動向を追う。



ページ

特集・連載 一覧

 厚生労働省は4日、今冬のインフルエンザ流行に備えた医療提供体制を10月中に整備するよう求める事務連絡を都道府県などに発出した。かかりつけ医など身近な医療機関で発熱患者に対応するため、がんセンターや透 ...続き

 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの「感染者情報の活用のあり方に関するワーキンググループ(WG)」は28日、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-S ...続き

 日本専門医機構は23日、40人を定員とする新たな臨床研究医コースの2021年度専攻医募集を開始した。基本診療領域19領域・123コースから同コースの研修を目指す専攻医が選択する。専門医機構は今回の募 ...続き

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は2日、厚生労働省が実施した「2019年医師の勤務実態調査」(新10万人調査)の結果を踏まえて議論した。調査から、病院常勤医の時間外労働の上位10%に ...続き