MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 医療ICT最前線 地域医療情報連携の現場から

医療ICT最前線 地域医療情報連携の現場から

 厚生労働省による地域医療再生基金(2009年~2014年)や地域医療介護総合確保基金をはじめとして多額の国家予算が投入されている全国の地域医療情報連携ネットワークはここ数年間に急増し、日医総研の調査(ワーキングペーパー、2016年3月公表)では約240カ所に上る。しかし、ネットワークに詳しい専門家からは、「実際に機能しているのはその2割ぐらいではないか」との指摘もある。

 果たして地域医療情報ネットワークは地域包括ケア構築を見込む2025年、さらに高齢化の進展と人口減少が続く2035年へ向けて、安定した医療、介護サービス確保の福音となるのか。それとも単なる幻想にすぎないのか。全10回程度の連載(月1~2回)により、各地のネットワークの現状をリポートする。それぞれの現場からどのような医療ICTの未来が見えてくるだろうか。

特集・連載 一覧

 厚生労働省は23日、「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」の初会合を開く。年内に一定の整理を目指す。 厚労省は医師の働き方改革を推進するため、6~7月にかけて約 ...続き

 「再検証が必要な公立・公的424病院」の公表で各地で反発が起きていることを受け、厚生労働省は17日、全国7カ所で実施する「地域医療構想に関する自治体等との意見交換会」をスタートさせた。初日の九州会場 ...続き