MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 「医療のグローバル化」と日本の医療機関

寄稿 「医療のグローバル化」と日本の医療機関

国際医療福祉大大学院 医療経営管理分野
岡村世里奈

国際医療福祉大大学院 医療経営管理分野 准教授。上智大法学部卒業。上智大大学院法律学研究科博士課程前期修了後、国際医療福祉大医療経営管理学科助手、The Beazley Institute for Health Law and Policy, School of Law, Loyola University of Chicagoの客員研究員等を経て現職。数年前から国内外の国際医療交流事業研究に携わる。関連著作物としては、「平成21年度財団法人日本生産性本部 サービスイノベーションを通じた生産性向上に関する支援事業・サービス(医療)ツーリズム等医療の国際化に向けた利用の品質確保に必要なケーススタディ報告書」(2010年3月)、「平成22年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)国際医療交流(外国人患者の受入れ)への対応に関する研究報告書」(11年3月)、「平成23年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)医療の国際化に関する国内医療機関の課題の明確化と国際情勢の把握研究報告書」(12年3月)等がある。

特集・連載 一覧

 中医協総会(会長=田辺国昭・東京大大学院教授)は24日、2020年度診療報酬改定に向けて静岡県富士市で公聴会を開いた。公募で選出された静岡県内の医療関係者や保険者、患者支援団体代表らの意見を聴取した ...続き

 安倍晋三首相は23日の参院本会議で、都道府県に対して提供した、再検証対象の公立・公的医療機関等の診療実績データの分析結果(公立・公的医療機関等リスト)について、「それぞれの地域において(地域医療)構 ...続き

 厚生労働省は20日の「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会」(座長=永井良三・自治医科大学長)で、各職種が実施するには法令改正が必要な業務について、タスク・シフト ...続き

 日本専門医機構の寺本民生理事長は20日の定例会見で、2020年度の専攻医の第2次募集に698人が応募しており、第1次募集の8299人採用と合わせ、約9000人が専攻医を選択することになるとの見通しを ...続き

 加藤勝信厚生労働相は21日の閣議後会見で、地域医療構想で再検証が必要な公立・公的医療機関の確定版リストを公表しない方針であることが妥当なのかとの問いに、「地方公共団体からご指摘いただき、意見交換を踏 ...続き

 新たな地域医療連携推進法人「湖南メディカル・コンソーシアム」が滋賀県で発足し、4月1日に業務を開始する。二つの二次医療圏にまたがる、11法人・1個人開業医の63施設が参加する大規模な連携法人だ。地域 ...続き