MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 「医療のグローバル化」と日本の医療機関

寄稿 「医療のグローバル化」と日本の医療機関

国際医療福祉大大学院 医療経営管理分野
岡村世里奈

国際医療福祉大大学院 医療経営管理分野 准教授。上智大法学部卒業。上智大大学院法律学研究科博士課程前期修了後、国際医療福祉大医療経営管理学科助手、The Beazley Institute for Health Law and Policy, School of Law, Loyola University of Chicagoの客員研究員等を経て現職。数年前から国内外の国際医療交流事業研究に携わる。関連著作物としては、「平成21年度財団法人日本生産性本部 サービスイノベーションを通じた生産性向上に関する支援事業・サービス(医療)ツーリズム等医療の国際化に向けた利用の品質確保に必要なケーススタディ報告書」(2010年3月)、「平成22年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)国際医療交流(外国人患者の受入れ)への対応に関する研究報告書」(11年3月)、「平成23年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)医療の国際化に関する国内医療機関の課題の明確化と国際情勢の把握研究報告書」(12年3月)等がある。

特集・連載 一覧

 厚生労働省保険局医療課は12日付の事務連絡で、2024年度診療報酬改定について、疑義解釈(その2)を示した。 医療DX推進体制整備加算では、電子処方箋の発行体制の施設基準について説明。加算の届け出時 ...続き

 能登半島地震で避難生活が長引く中、生理用品の不足や性被害が懸念される女性への支援を民間団体や医師らが続けている。避難中は性別役割分業の圧力が強まりがちで、食事の準備などで女性の負担がより大きくなると ...続き