7対1の厳格化、総会で火ぶた  中医協、診療側から異論噴出

2013年8月21日 19:47

 次期診療報酬改定の中心的な課題となる7対1入院基本料の要件厳格化を含んだ入院医療の議論が21日、中医協総会(会長=森田朗・学習院大教授)で始まった。「入院医療等の調査・評価分科会」の中間まとめを同分...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧