亜急性期も「病棟単位」「入院データ提出」  中医協・入院分科会で論点

2013年7月17日 21:57

 厚生労働省は17日、中医協「入院医療等の調査・評価分科会」(分科会長=武藤正樹・国際医療福祉大大学院教授)の中間取りまとめに向け、亜急性期医療の3つの機能をより明確に示し、一般病床に限定せず療養病床...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧