在院日数短縮や亜急性期で問題意識  中医協で「入院」議論開始

2013年3月13日 23:41

 2014年度診療報酬改定に向けて、13日の中医協総会(会長=森田朗・学習院大法学部教授)で「入院医療」の議論が始まった。一般病棟に90日を超えて入院している「特定除外患者」の扱いや平均在院日数の短縮...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧