診療所の機能把握へ、データ収集を  中医協で安達委員

2013年3月13日 23:04

 中医協の安達秀樹委員(京都府医師会副会長)は13日の中医協総会で、診療所の医療機能を評価するためのデータ収集が不十分と指摘し、診療所の画像診断機器の保有状況などを調査し、再診料などの議論の材料とする...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧