MEDIFAX webトップ > 行政 > 偏在指標は「相対的な指標」、相場観を数値化へ  厚労省・鈴木課長

偏在指標は「相対的な指標」、相場観を数値化へ  厚労省・鈴木課長

2018年10月11日 14:03

 厚生労働省医政局は、年度内に示す医師偏在指標を、都道府県や2次医療圏などで「医師が何人足りないか」を表現する絶対的指標ではなく、全国各地域同士で医師の多寡を比較するための「相対的指標」にする方針だ。...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧

特集・連載:動き出す地域医療構想一覧