MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 社会保障財源と人口問題研究

寄稿 社会保障財源と人口問題研究

津田塾大学総合政策学部総合政策学科教授、国立社会保障・人口問題研究所長
森田 朗

1976年、東京大法学部卒業後、81年に千葉大法経学部助教授。94年から東京大大学院法学政治学研究科教授、同大公共政策大学院長、学習院大法学部教授などを歴任。2012年に東京大名誉教授就任。14年4月から社会保障・人口問題研究所長。17年4月から津田塾大学総合政策学部総合政策学科教授。現在は政策研究大学院大客員教授や、日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会(JUMP)理事長も務める。中医協では09年6月の公益委員就任後3期6年を務め、うち11年4月からは会長として2度、診療報酬改定に向けた議論を取りまとめた。16年6月に新著「会議の政治学Ⅲ 中医協の実像」を出版。

特集・連載 一覧

 自民党厚生労働部会の「医師の働き方改革に関するプロジェクトチーム」(PT、羽生田俊座長)は20日、医師の時間外労働の上限時間について、具体的な働き方改革の対策を検討・実行した上で、その効果を基に時間 ...続き

 厚生労働省の医道審議会・医師分科会の医師専門研修部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所長)は22日、サブスペシャルティ領域の専門医の在り方について議論し、4月から開始予定だったサブスペ ...続き

 国立大学附属病院長会議常置委員会は1日の定例記者会見で、消費税率10%への引き上げに伴う10月施行予定の2019年度診療報酬改定での新点数に基づく試算結果を公表した。設備投資を見送ってきた多くの病院 ...続き

 20日の「地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)」では、日本赤十字社の田渕典之氏(医療事業推進本部)が参考人として出席し、日赤の地域医療構想への取り組みを語った。課題の一つに「市場縮小局面で ...続き