MEDIFAX webトップ > 寄稿 > 社会保障財源と人口問題研究

寄稿 社会保障財源と人口問題研究

津田塾大学総合政策学部総合政策学科教授、国立社会保障・人口問題研究所長
森田 朗

1976年、東京大法学部卒業後、81年に千葉大法経学部助教授。94年から東京大大学院法学政治学研究科教授、同大公共政策大学院長、学習院大法学部教授などを歴任。2012年に東京大名誉教授就任。14年4月から社会保障・人口問題研究所長。17年4月から津田塾大学総合政策学部総合政策学科教授。現在は政策研究大学院大客員教授や、日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会(JUMP)理事長も務める。中医協では09年6月の公益委員就任後3期6年を務め、うち11年4月からは会長として2度、診療報酬改定に向けた議論を取りまとめた。16年6月に新著「会議の政治学Ⅲ 中医協の実像」を出版。

特集・連載 一覧

 全国自治体病院協議会は23日の会見で、医師の働き方改革に関するアンケート調査結果を発表した。自治体病院では、年間960時間超の時間外労働を行っている医師の割合が2016年度は13.3%、18年度は6 ...続き

 四病院団体協議会は22日の総合部会で、新専門医制度の2020年度専攻医募集のシーリングなどの制度設計への対応を巡り、現在の体制で日本専門医機構が今後も運営を継続することは限界との認識で一致した。会議 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 全日本病院協会は18日の理事会で、地域医療構想や医師の働き方改革などの対応について意見を交換した。厚生労働省が地域医療構想と医師の働き方改革、医師需給問題を併せた「三位一体」で総合的な議論を進める考 ...続き