てんかん外科治療に“理研技術”  東北大病院・大沢氏、「専門施設で評価を」

2019年9月12日 13:19

 東北大病院では、難治性のてんかんに対する外科治療を行っている。手術に必要な人工硬膜には、理化学研究所の技術を活用した新製品の導入を始めた。同院の大沢伸一郎氏(脳神経外科医)は、外科治療をすることで、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧