MEDIFAX webトップ > 行政 > CKD対策、かかりつけ医と専門医の連携でモデル事業  厚労省

CKD対策、かかりつけ医と専門医の連携でモデル事業  厚労省

2018年10月12日 12:40

 厚生労働省健康局は、慢性腎臓病(CKD)の診療提供体制を全国に構築するためのモデル事業を実施する方針だ。CKDの早期発見と診断を行い、適切な治療につなげるため、関係者が参加する会議体を各地に設置し、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧