MEDIFAX webトップ > 行政 > 伝染性紅斑、定点当たり0.50で過去5年間比「かなり多い」  感染症週報第43週

伝染性紅斑、定点当たり0.50で過去5年間比「かなり多い」  感染症週報第43週

2018年11月9日 17:04

 国立感染症研究所は9日、感染症週報第43週(10月22~28日)を公表した。伝染性紅斑の定点当たり報告数は0.50となり、2週連続で増加した。過去5年間の同時期と比べると「かなり多い」状況だ。都道府...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧