MEDIFAX webトップ > 行政 > 今後の医療提供体制の構築へ「生活の視点を」  慢性期医療学会で迫井審議官

今後の医療提供体制の構築へ「生活の視点を」  慢性期医療学会で迫井審議官

2018年10月11日 19:49

 今後の医療と介護で重要なのは「生活の視点」―。11日に鹿児島市で開かれた日本慢性期医療学会のシンポジウムで、厚生労働省の迫井正深大臣官房審議官と、老健局の眞鍋馨老人保健課長が登壇した。2018年度の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧