MEDIFAX webトップ > 団体・学会 > 慢性期は治療病床、「本質的に療養病床はなくなる」  日慢協・武久会長

慢性期は治療病床、「本質的に療養病床はなくなる」  日慢協・武久会長

2018年10月11日 16:53

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11日、鹿児島市内で開かれた慢性期医療学会で挨拶し、2018年度診療報酬改定を踏まえ「いよいよ本質的に療養病床がなくなりそうだ」と述べ、「慢性期治療病床」としての機...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧