寄稿記事一覧
この国の医療のかたち 第50回
連載50回目を迎えて (2018年6月13日 5:00)

 早いもので、本連載も50回目を迎えました。連載開始当初は、1、2年も持てば、などと考えていたのですが、あっという間に4年以上の月日が流れ、気付いてみれば連載50回目というわけです。

> 続きを読む(ログイン)
ヤブイ経済学の勧め〈88〉やぶにらみ医療論
ユヴァル・ノア・ハラリの描く人類の進化 (2018年5月23日 5:00)

 今年1月の世界経済フォーラム・ダボス会議(スイス)のテーマは「分断された世界における共有できる未来の創造」で、民主主義の時代に代わるビッグデータと人工知能によるデジタル独裁主義(Digital Dictatorship Dataism)と、これによる社会の支配に関連して多くの議論が行われたようです。

> 続きを読む(ログイン)
この国の医療のかたち 第49回
新年度に入って (2018年5月16日 5:00)

 前回は、年度末を迎えるに当たっての感想から書き始めました。今回は、新年度、平成30年度に入った時点で考えたことをいくつか記してみましょう。

> 続きを読む(ログイン)
虎ノ門で考える医療の未来〈29〉
「文書改竄」は行政の自己否定 (2018年5月2日 5:00)

 3月30日に政府の2018年度予算が成立し、国会は後半戦に入った。政府・与党は予算の年度内成立を目指すので、通常国会の前半は衆・参両院の予算委員会の審議が中心となる。

> 続きを読む(ログイン)
ヤブイ経済学の勧め〈87〉やぶにらみ医療論
「林住期」について (2018年4月25日 5:00)

 私は1951年生まれでいわゆる団塊の世代より若干若いのですが、数年前からこれまでの職場を定年などで退職する知人からの挨拶が多くなっています。

> 続きを読む(ログイン)
この国の医療のかたち 第48回
年度末に考えたことなど (2018年4月16日 5:00)

 現在、本稿を執筆しているのは、平成30年3月31日、つまり平成29年度の最終日、年度末時点ということになります。

> 続きを読む(ログイン)
ヤブイ経済学の勧め〈86〉やぶにらみ医療論
フィンテックの技術革新 (2018年3月28日 5:00)

 本連載で日本銀行について取り上げるのは、「マネーについて考えた」シリーズ(第57回:2015年10月~第60回:16年1月)、「中央銀行と医療に共通する使命」(第80回:17年9月)などに続くもので、初めてというわけではありません。

> 続きを読む(ログイン)
医療の「希望」を信じて―米国からの便り〈11〉
「がんプレシジョン医療」、日本で始動へ―患者や家族に生きる希望を (2018年3月23日 11:30)

 日本でがん対策基本法が成立したのは、12年前の2006年6月16日。

> 続きを読む(ログイン)
この国の医療のかたち 第47回
NHK「視点・論点」への出演をめぐって (2018年3月14日 5:00)

 ひょんなことからNHK「視点・論点」という番組から声がかかり、3月中旬にテレビ出演することになりました(3月14日放送)。

> 続きを読む(ログイン)
虎ノ門で考える医療の未来〈28〉
トリプル改定率を振り返る―見えない長期的展望 (2018年3月7日 11:00)

 昨年末の12月22日、2018年度政府予算案が閣議決定された。

> 続きを読む(ログイン)
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
Box bottom

カレンダー

試読サービスに申し込む定期購読に申し込む

医師の働き方改革  医療現場に与える影響は

「必然」を生み出す

働き方改革、現場からの自発的な検証をきっかけに

この国の医療のかたち 第50回
連載50回目を迎えて

デイリーランキング
18年度改定概要を報告、次期改定見据えて認識・・・
「保険診療の重点をどこに置くか」の議論が必要・・・
医療的ケア検討会議「中間まとめ」を通知  文・・・
衆院で水道法改正案を審議へ、医療法改正案は後・・・
JMATの活動拠点本部を設置  大阪北部地震・・・
主な予定
6月21日(木)

 第26回社会保障審議会介護給付費分科会介護事業経営調査委員会(11:00-12:00、ホテルグランドアーク半蔵門)

 第4・5回救急災害医療提供体制等のあり方に関する検討会(15:00-18:00、TKP赤坂駅カンファレンスセンター)

6月27日(水)

 第90回社会保障審議会障害者部会(13:00-15:00、ベルサール御成門タワー)

 第5回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(15:00-17:00、主婦会館プラザエフ)

 第69回がん対策推進協議会(16:00-18:00、全国都市会館)

Page Top