参院選2016

 医療関係団体の組織力が問われる夏の参院選。組織内候補の得票数は団体の集票力を示す指標となり、選挙結果がそれぞれの団体に対する自民党の評価に直結してきます。日本医師連盟や日本看護連盟、日本薬剤師連盟など各団体の組織内候補の動向を中心に取り上げていきます。

ページ

特集・連載 一覧

 四病院団体協議会の「病院医師の働き方検討委員会」は18日、医師から看護師、救急救命士、臨床工学技士、薬剤師の4職種へのタスクシフティングに関する提案書を、7月中にも取りまとめる方針を確認した。終了後 ...続き

 日本医師会の横倉義武会長は4日の記者会見で、2020年度専攻医募集におけるシーリングについて、厚生労働省や日本専門医機構に対して、より柔軟で弾力的な対応を求めていくと表明した。専門研修で地域偏在・診 ...続き

 四病院団体協議会は24日、2020年度予算概算要求に向けた要望書を根本匠厚生労働相に提出した。要望書では、控除対象外消費税問題を抜本的に解決するためには、医療に係る消費税の非課税制度を見直し、「原則 ...続き

 日本医師会は、地域医療構想の実現に向け、各構想区域の調整会議の活性化のための公立・公的医療機関の類型化案をまとめた。公立・公的医療機関等が持つ機能の他の医療機関への代替可能性や、統合再編などの協議を ...続き