実調分析で対立、「改定率の意見」は難航模様  中医協総会

2013年11月20日 20:15

 20日に開かれた中医協総会では、支払い側、診療側の双方が医療経済実態調査(実調)の結果に対する見解を示した。支払い側は、医療機関の経営は安定しており、医師の年収が増加していることを指摘。診療側は医療...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

行政 一覧一覧

特集・連載:2014診療報酬改定一覧