7対1の新概念「複雑な病態」は容認できない  全日病・神野副会長

2013年7月29日 20:46

 中医協の「入院医療等の調査・評価分科会」で厚生労働省が「7対1入院基本料の在り方」について「複雑な病態を持つ急性期患者に高度医療を提供すべき」との考え方を示したことに対し、全日本病院協会の神野正博副...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧

特集・連載:12年度改定論議・一覧  詳報・中医協  一覧