MEDIFAX webトップ > 団体・学会 > 医療人材不足への対応、新職種や多職種配置も視野に  慢性期医療学会

医療人材不足への対応、新職種や多職種配置も視野に  慢性期医療学会

2018年10月12日 17:53

 12日の日本慢性期医療学会の特別シンポジウムでは、将来的な医療人材不足への対応が共通の課題として挙がった。厚生労働省の伊原和人審議官は高齢化がピークを迎える2040年に向けて、AIやICTなどの有効...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

団体・学会 一覧一覧