時事解説記事一覧
並行で進む日医の会内議論  注目は「医師の働き方」 (2017年5月25日 5:00)

 日本医師会が発信するさまざまな提言や意見。そのベースとなる議論を行っているのが会内委員会だ。常設の委員会、期間が区切られたプロジェクトを合わせて、現在50もの会内委員会が設置されている。今回は、注目度の高い委員会に焦点を当てたい。

> 続きを読む(ログイン)
医療AIと医師の責任 (2017年5月18日 5:00)

 厚生労働省の「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」は3月、「AI(人工知能)の推測結果は誤りがあり得るが、最終的な意思決定を行う医師が責任を負うべき」との見解で一致した。

> 続きを読む(ログイン)
遅れる厚労関連の法案審議 (2017年5月11日 5:00)

 「どんどん遅れていくね」。衆院本会議で児童福祉法・児童虐待防止法改正案の審議入りが見送りとなり、民進党が提出した衆院法務委員長の解任決議案を採決した9日、与党の衆院厚生労働委員の一人は困った顔でそう話した。

> 続きを読む(ログイン)
患者申出療養、制度開始から1年 運用の課題も浮き彫りに (2017年4月27日 5:00)

 患者からの申し出に基づく保険外併用療養制度「患者申出療養制度」は、4月で制度開始から1年が経過した。これまでに4例が認められたが、多くの課題も明らかになってきた。

> 続きを読む(ログイン)
「医療行為と刑事責任」、腰を据えた研究を (2017年4月20日 5:00)

 厚生労働省が「医療行為と刑事責任」の研究に着手する。早ければ5月にも研究会が立ち上がる見込みだ。

> 続きを読む(ログイン)
済生会熊本病院に見る、17年度DPC告示の影響 (2017年4月13日 5:00)

 先月末に告示された2017年度DPCの機能評価係数Ⅱで、これまでトップグループの常連だった病院に変化が起き始めている。

> 続きを読む(ログイン)
医療界のIT化への貢献を期待、日医が企画・開発のメドポスト (2017年4月6日 5:00)

 日本医師会ORCA管理機構が1日、医療文書の交換サービス「MEDPost(メドポスト)」のサービス提供を開始した。IT(情報技術)の初心者でも慣れ親しむことができるよう開発しており、医療界におけるIT化への貢献も期待されている。

> 続きを読む(ログイン)
たばこ対策、厚労省修正案の実効性 (2017年3月31日 12:00)

 受動喫煙防止対策を盛り込む健康増進法の改正案を巡り、厚生労働省は3月、新たな修正案を政府の受動喫煙防止対策強化検討チームのワーキンググループに提示した。

> 続きを読む(ログイン)
新たな「骨太の方針」に向けて議論始動 (2017年3月29日 14:00)

 2017年度政府予算が3月27日に成立した。いよいよ新年度スタートという雰囲気だが、すでに政府・与党では18年度予算を視野に入れた議論が始動している。まずは、18年度概算要求や予算編成に影響を及ぼす「骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針)2017」の取りまとめに向けた検討が焦点となる。

> 続きを読む(ログイン)
出口見えないあはきの見直し議論  受領委任払い導入が焦点 (2017年3月16日 5:00)

 社会保障審議会・医療保険部会の「あん摩マッサージ指圧、はり・きゅう(あはき)療養費検討専門委員会」の議論は、着地点が見えない状況が続いている。

> 続きを読む(ログイン)
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
Box bottom

カレンダー

試読サービスに申し込む定期購読に申し込む

動き出す地域医療構想~2025年へのソフトランディング~

「知る」ことで始まる社会保障

並行で進む日医の会内議論  注目は「医師の働き方」

ヤブイ経済学の勧め〈76〉やぶにらみ医療論
「格差社会」の社会保障

デイリーランキング
医療機関群の名称変更を提案、Ⅲ群は「標準群」・・・
医療法等改正案、衆院厚労委で可決  全会一致・・・
中医協公益委員、荒井・野口氏の再任に同意  ・・・
児童福祉法・児童虐待防止法改正案、衆院厚労委・・・
〔案内〕「コミュニケーション」テーマに岡山で・・・
主な予定
5月25日(木)

 第2回今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会(17:00-19:30、航空会館会)

5月29日(月)

 第4回がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会(15:00-17:00、厚労省)

 第9回新型インフルエンザ対策に関する小委員会(16:30-18:30、全国都市会館)

5月31日(水)

 第1回障害福祉サービス等報酬改定検討チーム(14:00-16:00、厚労省)

Page Top