記者コラム記事一覧
「知る」ことで始まる社会保障 (2017年5月23日 5:00)
 先日、電車内で初めて「ヘルプマーク」を提げている方に出会った。> 続きを読む(ログイン)
「精神科医療のホンネだぜ」 (2017年5月17日 5:00)
 日本精神科病院協会の山崎學会長が執筆した「誰も教えてくれなかった」を読んだ。もともと山崎会長が日精協の機関誌の巻頭言として寄稿したものを整理してまとめたものだが、一冊の本になると取り上げているテーマが幅広く、歯に衣着せぬ物言いで知られる山崎会長のさまざまな問題意識が垣間見えて興味深い。> 続きを読む(ログイン)
注視が必要な「2019年度以降」 (2017年4月25日 5:00)
日本医師会の横倉義武会長
 4月6日に開かれた日本医師会の定例記者懇話会。横倉義武会長は、政府が6月ごろ策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」について、「過不足なく医療を提供するための財源は必要だ。2019年度以降に医療費の伸びをどうするのか、よく注目しておきたい」と語った。> 続きを読む(ログイン)
カタカナ表記はほどほどに (2017年4月18日 18:00)
 厚生労働省は、“医療”に関わるさまざまな問題をつかさどる省庁であり、常に世界中の科学技術や知見の最先端が集まっているように思う。だから、ある程度の外来語が会議の資料に入ったりするのはやむを得ないし、日本語化・一般化した外来語を使うこともままあるだろう。> 続きを読む(ログイン)
受動喫煙問題、鍵を握るのは「東京」? (2017年4月12日 16:00)
 「受動喫煙に関しては、一度、日本の明確なスタンスは決めるべきではないだろうかなと思っております」「確かに税収としてのたばこ税というのは有益だとは思いますが、一方で、それに対して、さまざまな健康に対してのマイナス部分等の考え方、これをどう比較していくのかというような、そんなことも必要なのではないかと思っております」> 続きを読む(ログイン)
2回目の… (2017年4月4日 5:00)
 3月31日午後に開かれた中医協・DPC評価分科会の冒頭、座長の挨拶で忘れていたことを思い出した。そう、31日は2回目のプレミアムフライデーだった。> 続きを読む(ログイン)
できれば私、そうしないほうがいいのですが ―高野病院のこと― (2017年3月28日 5:00)
 米国の作家メルヴィルといえば「白鯨」で決まりだと思っていたが、1853年に出版された「バートルビー」という小説があることを知った。> 続きを読む(ログイン)
2度目の試み (2017年3月21日 5:00)
6年前の打ち合わせ資料
 2018年度診療報酬・介護報酬同時改定に向け、中医協と社会保障審議会・介護給付費分科会の意見交換の場が開かれることが決まった。> 続きを読む(ログイン)
「我が事」としてつくる地域共生社会 (2017年3月14日 5:00)
富士宮市では認知症の人の自立支援として働き続けられる場を提供していた
 先日、認知症の人たちを地域全体で支える取り組みをしている静岡県富士宮市を取材で訪れた。人口は約13万4000人、富士山の麓に位置する自然豊かな地方都市だ。> 続きを読む(ログイン)
課題解決へ、日歯・堀執行部の取り組み (2017年3月7日 5:00)
 2月の会長予備選挙で当選を果たし、6月に2期目に突入することがほぼ確実な日本歯科医師会の堀憲郎会長。その堀会長が力を入れて取り組んでいるのが「28課題への対応」だ。> 続きを読む(ログイン)
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
Box bottom

カレンダー

試読サービスに申し込む定期購読に申し込む

動き出す地域医療構想~2025年へのソフトランディング~

「知る」ことで始まる社会保障

並行で進む日医の会内議論  注目は「医師の働き方」

ヤブイ経済学の勧め〈76〉やぶにらみ医療論
「格差社会」の社会保障

デイリーランキング
医療機関群の名称変更を提案、Ⅲ群は「標準群」・・・
医療法等改正案、衆院厚労委で可決  全会一致・・・
中医協公益委員、荒井・野口氏の再任に同意  ・・・
児童福祉法・児童虐待防止法改正案、衆院厚労委・・・
〔案内〕「コミュニケーション」テーマに岡山で・・・
主な予定
5月25日(木)

 第2回今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会(17:00-19:30、航空会館会)

5月29日(月)

 第4回がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会(15:00-17:00、厚労省)

 第9回新型インフルエンザ対策に関する小委員会(16:30-18:30、全国都市会館)

5月31日(水)

 第1回障害福祉サービス等報酬改定検討チーム(14:00-16:00、厚労省)

Page Top