MEDIFAX webトップ > 特集・連載 > 【医療ICT最前線】地域医療情報連携の現場から

【医療ICT最前線】地域医療情報連携の現場から

 厚生労働省による地域医療再生基金(2009年~2014年)や地域医療介護総合確保基金をはじめとして多額の国家予算が投入されている全国の地域医療情報連携ネットワークはここ数年間に急増し、日医総研の調査(ワーキングペーパー、2016年3月公表)では約240カ所に上る。しかし、ネットワークに詳しい専門家からは、「実際に機能しているのはその2割ぐらいではないか」との指摘もある。

 果たして地域医療情報ネットワークは地域包括ケア構築を見込む2025年、さらに高齢化の進展と人口減少が続く2035年へ向けて、安定した医療、介護サービス確保の福音となるのか。それとも単なる幻想にすぎないのか。全10回程度の連載(月1~2回)により、各地のネットワークの現状をリポートする。それぞれの現場からどのような医療ICTの未来が見えてくるだろうか。

特集・連載 一覧

 厚生労働省は12日に「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」を開いた。佐藤尚之構成員(ツナグ代表取締役)が、より多くの人に上手な医療のかかり方を広めるための考え方をプレゼンテーションし、「医療の ...続き

 日本専門医機構は課題となっている事務局機能の強化に向けて、事務局長候補の募集を開始した。そのほか正職員も若干名募集している。6日付で同機構のウェブサイトに募集要項を掲載した。 同機構は事務局機能の脆 ...続き