進行性認知障害をキャッチ  AI利用プログラム販売

2018年5月21日 12:56

 認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)が進行性のものかどうかを、脳画像を人工知能(AI)で解析して判別できるコンピュータープログラムの販売を始めたと、松江市のデータ統計・分析会社「ERISA(...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

企業 一覧一覧