小児がんを尿検査で判別  日立、20年実用化目指す

2018年4月17日 11:09

 日立製作所は16日、尿検査でがんにかかっているかを判別する実証実験を4月から始めると発表した。小児がんと胆道がん、大腸がんが対象で、早ければ2020年の実用化を目指す。自宅で採取した尿を検査機関に送...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

企業 一覧一覧