iPS準備に新装置開発  島津、不要細胞を自動除去

2018年3月20日 11:21

 島津製作所(京都市)は19日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を扱う上で、不要な細胞を自動除去する装置「CELL PICKER(セル・ピッカー)」を開発したと発表した。これまでは手作業で行われていたた...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

企業 一覧一覧