関連死、車中泊24%・転院後15%  170人中、エコノミー症候群疑いも

2017年4月13日 11:30

 熊本地震で避難中の体調悪化などで死亡し「震災関連死」と認定されたケースは、熊本、大分両県で0歳から100歳代の男女170人に上り、うち車中泊を経た後に死亡した人が少なくとも41人(約24%)、病院の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧

特集・連載:「熊本地震」2016一覧