最後のエボラ熱患者が退院  ウガンダ、終息可能性も

2022年12月5日 15:08

 ウガンダ保健当局は2日、同国で9月から流行が続いたエボラ出血熱の最後の感染者が退院したと発表、終息の可能性が高まった。 政府は10月に移動制限や夜間外出禁止を発令、さらに宗教施設などを閉鎖したが、首...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧