がん疑い伝達せず患者死亡  治療遅れ4年、川崎の病院

2022年11月25日 11:07

 川崎市は24日、2017年と21年に脚などの骨折で市立井田病院に入院した女性患者について、CT検査で肺がんを疑う所見が計2回出たのに、院内で適切に伝達されず、がん治療が約4年半遅れたと発表した。女性...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧