入所者解剖は「人権侵害」  ハンセン病療養所で報告書

2022年11月25日 10:51

 岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「邑久光明園」で、死亡した入所者の解剖録が多数見つかった問題を検証していた弁護士らの委員会が24日、解剖は「隔離政策下で行われた重大な人権侵害」との報告書を公表し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧