免疫制御の遺伝子関与か  コロナ重症化、慶応大など

2022年8月9日 10:37

 国内の新型コロナウイルス感染者の血液や臨床データを分析した結果、重症化した患者は免疫の制御に関わる「DOCK2」という遺伝子からつくられるタンパク質の量が少なかったと、慶応大などの研究チームが8日、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧