血液製剤投与で出産率上昇  重症の原因不明不育症

2022年7月1日 10:24

 流産を4回以上繰り返している原因不明の不育症の妊婦に、血液からつくった点滴薬「免疫グロブリン製剤」を高用量投与すると、妊娠の継続や出産に至る割合が上昇したとの研究結果を、全国の大学などでつくるチーム...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧