小児急性肝炎180人に  米CDC、原因調査続行

2022年5月19日 14:30

 米疾病対策センター(CDC)は18日、英国などで報告が相次ぐ原因不明の子どもの急性肝炎として調査中の事例が、5日の前回発表から71人増え、米国の36州で計180人になったと発表した。ただ、昨年10月...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧