下水調査でコロナ流行予測、業界団体で実用化加速  北海道大など参加

2022年5月18日 10:40

 新型コロナウイルスが流行する予兆を下水調査で捉えようと、産学協同の業界団体「日本下水サーベイランス協会」(東京都港区)が24日に初会合を開き、活動を始める。全国各地での実用化に向けた動きを加速させた...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧