死亡診断書に異名記載  「占い機に」医師を処分

2022年1月12日 14:28

 大阪複十字病院(大阪府寝屋川市)の副院長だった60代男性医師が2004年以降、医師免許の登録名と異なる名前で死亡診断書約130通の署名をしていたことが12日、病院関係者への取材で分かった。病院による...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧