無資格施設長が胃ろう処置  神戸の特養、入浴も少なく

2020年9月25日 14:30

 神戸市の特別養護老人ホーム「きしろ荘」で、入所者に対し、医療行為の胃ろうの処置を無資格の施設長が担当していたことが25日、分かった。施設長が取材に認めた。入浴回数も2週間に1~2回の頻度で、国の基準...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧