「症状あっても仕事」6割、コロナ第1波の2~5月  関東で東京医大調査

2020年8月4日 14:42

 新型コロナウイルス感染症の流行“第1波”が訪れた今年2~5月、発熱などの風邪症状があっても約6割の人は仕事に行っていたとのアンケート結果を町田征己・東京医大助教らの研究チームがまとめ、4日までに国際...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧