病院男児転落で和解  鹿児島市が1億8000万円

2020年7月16日 10:03

 鹿児島市立病院で2007年、生後7カ月だった男児が診察ベッドから転落し手足などに重い後遺障害が残ったとして、男児と両親=奈良市に転居=が、鹿児島市に損害賠償を求めた訴訟が15日、福岡高裁宮崎支部で和...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧