「命軽く扱われた」  凍結胚紛失で原告会見

2019年9月20日 10:58

 不妊治療のため受精卵を培養し凍結させた「凍結胚」を紛失され精神的苦痛を受けたとして、病院側に約2300万円の損害賠償を求め京都地裁に提訴した30代女性が19日、京都市で記者会見し「命を軽く扱われてい...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧