iPSで皮膚老化解明へ  京大とディオール再生研究

2019年9月13日 10:54

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、皮膚の老化や再生のメカニズムを解明しようと、京都大iPS細胞研究所と化粧品などを扱うパルファン・クリスチャン・ディオールは12日、京都市で記者会見し、共同研究を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧