岸本氏らに慶応医学賞  リウマチ薬開発

2019年9月13日 11:00

 慶応大は12日、医学や生命科学の優れた研究者を表彰する今年の慶応医学賞に、関節リウマチなど炎症性の病気に関わるタンパク質「インターロイキン6」(IL6)を発見し、リウマチ治療薬の開発につなげた岸本忠...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧