がん検査取り違えで提訴  九州労災病院、3年後死亡

2019年8月23日 10:52

 九州労災病院(北九州市)が、2014年に子宮頸がんが疑われた大分県内の当時50代女性の検体を別の陰性患者の検体と取り違えていたことが22日、分かった。その後、女性は別の病院で陽性と診断されて治療した...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧