ゲノム編集で目の病気治療、米  世界初、クリスパー法使用

2019年8月16日 15:06

 遺伝子を効率的に改変できるゲノム編集技術を使い、子どもの失明の原因になる目の病気で遺伝子治療の臨床試験を米国で年内に始めると、米バイオテクノロジー企業が15日までに発表した。簡単に使えるため世界で急...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

企業 一覧一覧