議員活動に分身ロボット  参院、れいわ舩後氏要望

2019年8月13日 11:00

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者でれいわ新選組の舩後靖彦参院議員が、文章の読み上げなどが可能な「分身ロボット」の将来的な導入を要望している。参院議院運営委員会で検討される見通しで、国会のバリ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

国会・政党 一覧一覧