被爆者の疫学調査開始  長崎原爆病院、データ共有

2019年8月6日 10:25

 日赤長崎原爆病院(長崎市)は5日、約5万3000人分の被爆者のデータを長崎大・原爆後障害医療研究所と共有し、来年から本格的な被爆者の疫学調査を始めると発表した。病院が持つ一般患者のがんや生活習慣病の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧