がん患者情報3000件漏えい  横浜市立大病院、誤送信

2019年8月5日 15:16

 横浜市立大病院は5日、泌尿器科の40代の男性医師がぼうこうがんの患者の生年月日や名前、症状などの個人情報約3400件分を、宛先不明のメールアドレスに誤って送信し、漏えいさせたと発表した。 市立大病院...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧