肺がん疑いの陰影放置  治療遅れ、神戸市立病院

2019年7月31日 10:56

 神戸市立医療センター中央市民病院は30日、患者が2016年に胸部エックス線検査で肺がんの疑いがある陰影が見つかったのに、担当医が対応を放置していたと発表した。患者は約2年後に肺がんと診断され、病院は...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧