一時金支給、5人は保留  本人説明や診断書で判断

2019年7月23日 11:00

 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、厚生労働省の第三者機関「認定審査会」は22日の初会合で、手術記録がない27人について、救済法に基づく一時金支給の可否を審査。22人への支給を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧