4400万円脱税疑い  広島の診療所院長を告発

2019年7月8日 11:56

 医薬品の売り上げを少なく見せ、所得税約4400万円を脱税したとして、広島国税局は5日、所得税法違反の疑いで広島市の井口クリニック院長、井口太医師(52)を広島地検に告発したと発表した。告発は3月29...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧