アルツハイマー関与の変異  免疫活性化遺伝子で発見

2019年6月20日 15:12

 日本人のアルツハイマー病発症に関わるとみられる遺伝子変異を国立長寿医療研究センター(愛知県)などのグループが見つけ、20日付の米科学誌に発表した。免疫反応に関わる遺伝子で、グループは発症リスクの予測...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧